HDMI station TOP > HDMI関連用語集 > ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)

DVDの5倍以上の記憶容量を持つ次世代光ディスクであるブルーレイディスク(Blu-ray Disc)。ここでは、ブルーレイディスクについて詳しく解説します。

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)

ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)とは、高解像度ビデオなどを含む大容量デジタルメディアを記憶するための次世代光ディスク規格で、ソニー松下電器産業 などが組織する「Blu-ray Disc Association」によって策定されました。ブルーレイディスクと名付けられ背景には、ディスクに読み書きを行う際に青紫のレーザーを使用するという特徴があるからです。この青紫のレーザーは、DVDで使用されている赤いレーザー(650nm)よりも短い波長(405nm)のため、実質的にDVDよりもさらに多くのデータを格納することができます。同じようなレーザーを使う次世代光ディスクには HD DVD があり、ブルーレイディスク vs HD DVD の規格戦争が勃発しています。

ブルーレイディスクの容量は、1層で25GBとなっており、DVDの片面1層(4.7GB)の5倍以上の容量を持ちます。また、2層で50GBとなっており、DVD片面2層(8.5GB)の約6倍の容量を持ちます。

ブルーレイディスクの映像コーデックには、MPEG-2、H.264/MPEG-4 AVC High Profile、VC-1 Advanced Profileが採用されており、音声コーデックには、PCM、ドルビーデジタル(AC3)DTSドルビーデジタルプラス(Dolby Digital Plus)ドルビーTrueHD(Dolby TrueHD)DTS-HD Master Audio が採用されています。

なお、ブルーレイディスクは、PS3 で再生可能となっています。

【PR】 外来ノイズや衝撃からケーブルを守る高信頼性のHDMIケーブル

HDMIとは?

HDMIとは、一体どういう規格なのか?また、どういうメリット・デメリットがあるのか?
そんなHDMIの特長や基礎知識を各項目に分けて徹底解説します!

HDMIの基礎知識

対応機器

次世代デジタルインターフェースであるHDMIに対応している機器を紹介!
話題のPS3もHDMIに対応している機器の1つです。

HDMI対応機器

接続事例

HDMIケーブルの接続の仕方を紹介!
様々な対応機器への接続事例をわかりやすく解説します!

HDMIの接続事例

関連用語集

HDMIに関連した用語を解説する用語集!
わからない用語があったらここでチェックしてみてください。

HDMI関連用語集

HDMI station 新着記事 & 更新履歴

HDMIケーブルを選ぶポイントHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2010年03月03日(水)
誤るなかれ!HDMIバージョンとCTSバージョンの違いHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2009年01月28日(水)
ダビング10HDMI関連用語集 に追加・更新しました!
2008年06月25日(水)
HDMIケーブルの抜け落ち防止アクセサリHDMIの接続事例 に追加・更新しました!
2008年06月20日(金)
HDMI対応機器 SP2208WFPHDMI対応機器 に追加・更新しました!
2007年10月17日(水)