HDMI station TOP > HDMIの基礎知識 > HDMIの概要

HDMIの概要

次世代デジタルマルチメディアインターフェースと言われているHDMIですが、一体どのような規格なのかまだあまり認知されていません。ここでは、HDMIについての大まかな概要を解説していきます。

HDMI

HDMI(High-Definition Multimedia Interface)は、非圧縮のストリームを送ることができる、デジタルオーディオまたはデジタルビデオ インターフェースで、HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection) と言われるデジタル著作権管理技術と互換性を持ち、さらには、ほとんどのデジタルオーディオまたはデジタルビデオソース インターフェース(セットトップボックス、DVDプレーヤー、PC、テレビゲーム機)や、デジタルテレビ(DTV) のような、デジタルオーディオまたはデジタルビデオ AVレシーバーとの互換性を提供します。

HDMIでは、ほとんどの標準・拡張を含むテレビまたはパソコンのビデオフォーマット、または HDTV などで用いられている高解像度ビデオフォーマットをサポートします。MPEGムービーデータストリームを圧縮した ATSCDVB(-T、-S、-C) などの様々な標準DTVデコーダーとは違い、HDMI上ではデジタル送信のためにビデオデータを TMDS にエンコードし、非圧縮ビデオデータとして出力します。

HDMIデバイスは、1.0や1.3などの各バージョンの仕様に沿って製造されています。各仕様のバージョンでは同じケーブルが使われていますが、その処理能力や伝送量などを増やしています。例えば、以前ではインターフェイスの最大ピクセルクロックレートは60Hz、またはWUXGA(1920×1200)で1080pをサポートするのに十分な165MHzでしたが、HDMI 1.3 ではそれを340MHzにまで増やし、WQXGA(2560×1600)やシングルデジタルリンクのサポートを提供しています。

HDMIは、Dolby Digital、または DTS のような、圧縮したオーディオストリームと同様の24bit192kHzのサンプルレートで8チャンネル非圧縮デジタルオーディオのサポートも含んでいます。スーパーオーディオCDで用いられている1ビットオーディオの8チャンネルや、HDMI 1.3 では Dolby TrueHDDTS-HD Master Audio などのロスレス圧縮ストリームもサポートしています。

HDMIは、最新のコンピュータモニターやグラフィックカードで使用されているデジタルビデオ(DVI-Aではなく、DVI-DまたはDVI-I)を転送するシングルDVI(Digital Visual Interface)と後方互換を持ちます。これはDVI-Dソースが、適当なアダプタまたはケーブルによってHDMIモニターを作動させることができることを意味します(あるいは、その逆も同じです)が、オーディオやリモートコントロールは利用できません。

【PR】 HDMIバージョン1.3a準拠 HDMI分配器

HDMIとは?

HDMIとは、一体どういう規格なのか?また、どういうメリット・デメリットがあるのか?
そんなHDMIの特長や基礎知識を各項目に分けて徹底解説します!

HDMIの基礎知識

対応機器

次世代デジタルインターフェースであるHDMIに対応している機器を紹介!
話題のPS3もHDMIに対応している機器の1つです。

HDMI対応機器

接続事例

HDMIケーブルの接続の仕方を紹介!
様々な対応機器への接続事例をわかりやすく解説します!

HDMIの接続事例

関連用語集

HDMIに関連した用語を解説する用語集!
わからない用語があったらここでチェックしてみてください。

HDMI関連用語集

HDMI station 新着記事 & 更新履歴

HDMIケーブルを選ぶポイントHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2010年03月03日(水)
誤るなかれ!HDMIバージョンとCTSバージョンの違いHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2009年01月28日(水)
ダビング10HDMI関連用語集 に追加・更新しました!
2008年06月25日(水)
HDMIケーブルの抜け落ち防止アクセサリHDMIの接続事例 に追加・更新しました!
2008年06月20日(金)
HDMI対応機器 SP2208WFPHDMI対応機器 に追加・更新しました!
2007年10月17日(水)