HDMI station TOP > HDMIの基礎知識 > HDMIとDVIの違い

HDMIとDVIの違い

HDMIとDVIの明確な違いとは何なのか?また、どちらを選択して使用するべきか?ここでは、HDMIとDVIの違いについて詳しく解説していきます。

まずは、DVIとHDMIのそれぞれの特徴を見てみましょう。

DVI(Digital Visual Interface)
DVIは、1999年にDDWG(Digital Display Working Group)によって導入されたデジタル規格で、主にデジタルビデオデータをディスプレイまで非圧縮で伝送するように設計されています。元々、コンピュータモニタに使われていましたが、現在では一般的なテレビにも使用されるようになりました。DVI-D(デジタルのみ)やDVI-A(アナログのみ)、DVI-I(デジタル & アナログ)のような、DVIの3つの異なった機能を提供するコネクタの数がDVIへの混乱を招いています。
HDMI(High-Definition Multimedia Interface)
HDMIについてはこちらをご覧ください

HDMIとDVIの違いを見ていく上で、共通点を見いだすことができます。その共通点とは、HDMIとDVIの両方がデジタル変換をサポートしているということです。これは、HDMIがDVIの仕様から派生したためです。そして、HDMIとDVIの大きな違いは、HDMIでは、標準で HDCP(High Definition Content Protection) と呼ばれるコンテンツ保護機能を組み込み、デジタルビデオに加えてオーディオもサポートしています(DVIはデジタルビデオだけをサポートしています)。

DVIは、HDMIの前身ともいえるものなので、デジタルビデオに関する限りはHDMIもDVIも同じですので、デジタルビデオの後方互換性はあります。しかし、DVIはデジタルオーディオをサポートしていません。また、DVIは8bitRGB信号ですが、HDMIでは、8bitまたは10bitRGB信号、12bitYCbCrをもサポートしています。

HDMIの仕様では、ケーブルの最大長を定義していませんが、規格上、HDMIもDVIもケーブルの長さは15フィートまでサポートしています。15フィート以上の長さのケーブル用に、長い距離をブリッジするアンプやイコライザー、中継器なども発売されていますが、15フィート以上のケーブルを必要とするときは、よりクオリティの高い最高品質のケーブルを選ぶのは言うまでもありません(Simplay HD認証HDMIケーブル など)。

【PR】 内径(φ22mm)配管 を通過可能 配管用分離型HDMIケーブル

HDMIとは?

HDMIとは、一体どういう規格なのか?また、どういうメリット・デメリットがあるのか?
そんなHDMIの特長や基礎知識を各項目に分けて徹底解説します!

HDMIの基礎知識

対応機器

次世代デジタルインターフェースであるHDMIに対応している機器を紹介!
話題のPS3もHDMIに対応している機器の1つです。

HDMI対応機器

接続事例

HDMIケーブルの接続の仕方を紹介!
様々な対応機器への接続事例をわかりやすく解説します!

HDMIの接続事例

関連用語集

HDMIに関連した用語を解説する用語集!
わからない用語があったらここでチェックしてみてください。

HDMI関連用語集

HDMI station 新着記事 & 更新履歴

HDMIケーブルを選ぶポイントHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2010年03月03日(水)
誤るなかれ!HDMIバージョンとCTSバージョンの違いHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2009年01月28日(水)
ダビング10HDMI関連用語集 に追加・更新しました!
2008年06月25日(水)
HDMIケーブルの抜け落ち防止アクセサリHDMIの接続事例 に追加・更新しました!
2008年06月20日(金)
HDMI対応機器 SP2208WFPHDMI対応機器 に追加・更新しました!
2007年10月17日(水)