HDMI station TOP > HDMIの基礎知識 > HDMIケーブルとアナログケーブルの違い

HDMIケーブルとアナログケーブルの違い

一般家庭で多く使われていて馴染み深いアナログケーブル。では、既存のアナログケーブルとHDMIケーブルの違いは一体何なのか?ここでは、HDMIケーブルとアナログケーブルの違いについて詳しく解説します。

現在、コンポジットあるいはSビデオなどのアナログビデオケーブルは、一般家庭において、テレビなどのメディアシステムで画像信号を伝送するために使われています。赤(R)、緑(G)、青(B)それぞれの画像信号を3本のケーブルに分解されたものがハイクオリティのアナログケーブルとなります。

DVDをLCDやプラズマディスプレイで見るために、デジタルソースをアナログケーブルで接続したとき、デジタルビデオ信号またはデジタルオーディオ信号はケーブルを通るためにアナログ信号に変換されてしまいます。このことによって、出力される映像または音声に劣化が生じる可能性があります。

それに対して HDMIケーブル の場合は、ビデオ信号またはオーディオ信号の変換・圧縮による劣化の恐れが無いので、ハイクオリティの映像や音声を楽しむことができます。HDMIケーブルによって出力される画像は、はっきりとしたビデオノイズを減少させ、滑らかで鮮明です。また、音声も全くのひずみ無しではっきりとした音声を出力します。そして、HDMIのシングルケーブルを使うことによって、ホームシアターなどのシステム周りの乱雑なケーブルをスッキリさせることができます。

また、HDMIは、ソースデバイスに接続されているスクリーン固有の解像度に合った画素数を正確に与え、さらに、画像を16:9または4:3のアクセプト比に自動的に最適化します。

以上のように、HDMIケーブルはアナログケーブルと比べて数多くのメリットを持っています。将来的にはデジタル放送が主流になるので、高画質・高音声でテレビや映画などを楽しみたい方には、HDMIケーブルは必須となるでしょう。

あなたは、いつまでアナログケーブルを使い続けますか?

【PR】 HDMIの曲げ半径にゆとりを持たせたい時に

HDMIとは?

HDMIとは、一体どういう規格なのか?また、どういうメリット・デメリットがあるのか?
そんなHDMIの特長や基礎知識を各項目に分けて徹底解説します!

HDMIの基礎知識

対応機器

次世代デジタルインターフェースであるHDMIに対応している機器を紹介!
話題のPS3もHDMIに対応している機器の1つです。

HDMI対応機器

接続事例

HDMIケーブルの接続の仕方を紹介!
様々な対応機器への接続事例をわかりやすく解説します!

HDMIの接続事例

関連用語集

HDMIに関連した用語を解説する用語集!
わからない用語があったらここでチェックしてみてください。

HDMI関連用語集

HDMI station 新着記事 & 更新履歴

HDMIケーブルを選ぶポイントHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2010年03月03日(水)
誤るなかれ!HDMIバージョンとCTSバージョンの違いHDMIの基礎知識 に追加・更新しました!
2009年01月28日(水)
ダビング10HDMI関連用語集 に追加・更新しました!
2008年06月25日(水)
HDMIケーブルの抜け落ち防止アクセサリHDMIの接続事例 に追加・更新しました!
2008年06月20日(金)
HDMI対応機器 SP2208WFPHDMI対応機器 に追加・更新しました!
2007年10月17日(水)